2019/01/10

「足付き三方」とは?

これって、もしかすると中世朝鮮の、貴族の「お膳」では?

 ずっと前の項で「最近テレビで韓国の歴史ドラマを楽しんでいる。」と言いました。 その中で、(ヤンバン)と呼ばれる支配階層の貴族たちは、しょっちゅう酒を飲んでいまして、(のんべえ)の私にはうらやましい映像ですが、…そのときのお膳が、どうも「足付き三方」の形なんですよね! ただし(黒い漆塗り)ですが。

 以前(信州おりがみ交流会“りんどう”)の会誌の事で、『おりがみで(お三方)として教わったものは、実際の三方の姿をディフォルメしてうまく写しているが、おりがみでは(足付き三方)という作品の方がどうも先に在って、…はて?実際の三方には(足)など見えず、…(足付き三方)なんて本当に在ったものかなあ?』という私のつぶやきに、埼玉の同志、青柳祥子さんがすぐにネットを調べてくれたところ、「確かに在る」と記されているも、その実物の写真は無い?…ことなどを教えてくれました。

 一方、皇室の神事の際などに、なにやら(黒い高足の付いた三方らしき?)ものを映像で見たような朧な記憶があるように思う?!? あれっ、こりゃ妄想かな!?

 まあ、私のような庶民には、やんごとなき世界は判りませんが、ともかく私なりの「足付き三方」を見てください。 ちゃんと酒瓶と茶碗二人分を乗せました。

ヤンバンは大抵、金の(酒瓶)と(茶碗)で飲んでいますよ!
おっと、金の酒器は王様か、ヤンバンのトップクラスの(テガム=
高級官僚の称)だけ? なお、酒器は(青磁)も多い。     

2019/01/07

ねこちゃん

頌春(しょうしゅん=春を頌える)

 伏見康治先生は、確か(卒寿=90)になられたとき、『もう年賀状はやめます。』とおっしゃったように記憶しています。 先生に比べたら、まだまだ若い身ではありますのに、段々と正月の年賀状書きが辛くなってきました。
 加えて、「おめでとう」という言葉も口にし難くなってきたようで、まあ「本年もどうぞよろしく。」くらいの思いです。
 ただ「頌春」は、また春を迎えられてよかった! の感じで気持ちに合います。

 さて、干支の「いのしし」は既に昨年末にご紹介しましたから、新年最初のおりがみは「ねこちゃん」です。
 昨今「いぬ」「ねこ」のブームのようで、テレビなどではこの2種が繰り返し動画紹介されていますよね。
 現実では、散歩中に犬を引っ張って歩く人に出会うのの多いことよ! でも猫はそんなふうに(外に引っ張り出されたり)また(飼われる)ことはないそうですね?
 ほら、どなたが言った言葉か知らないが、『猫は人間と(同居)しているだけ』だと。

 私は犬も猫も好きですが、どちらかというと、女性的な曲線造形の猫が好きです。でもおりがみでのくふうでは、猫は犬よりはるかに難しい!と、勿体をつけた後、私のおりがみ「ねこちゃん」を見てやってください。 ほら、しゃべっていますでしょう。

頭と体の(2枚複合)です。
春を頌えて一踊り