2019/04/19

「ふね」を「帽子」へのアイデア

スペインの古書(紙の世界)での「ボート」

 まずは日本伝承の「ふね」の折り方、ご存知ですね? あの、最後にぐるっと反転して出来上がる奴です。ただこの作品、昔からこのことが苦手意識となっていたのですが、それはこの折り方、出来上がりが(しわしわ)になってしまうことが多かったからです。(写真)

 ところが2000年、サンフランシスコにて、ボブ・ブロコップ(Robert Brokop)氏から戴いたスペインの古書「ドクター・モンテロ著 紙の世界(既出)」の中に紹介されていた「ボート」の折り方では、ほとんど同じ形が、まったく(しわ)が付かないで出来る折り方が示されていたのです!(写真)

 前項で紹介した「ふぐ」でも、この(しわ)の問題の話をしましたが、同様な例としては「蓮の花」もそうですよね。これらの作品が考えられた頃のおりがみ遊びで使う紙は、(和紙)だけでしたから、まあ(しわ)が目立たないのですね。しかし、(技術革新の現代)であるのなら、こんな問題の解決は、むしろ楽しみの課題ですね。だから、こんな事例に出会ったときは、むしろ楽しんで考えてみたいものですね。

 それから、前掲したスペインの古書では、日本伝承の「ふね」も紹介されていますが、そこで面白いのは、(新聞紙など大きな紙で折って)「ふね」ではなく、「帽子」にするアイデアです。
 下の写真では、ボブ・ブロコップさんからいただいたマトリューシカに、そんな帽子案のモデルになってもらいましたよ。

日本伝承の「ふね」
スペイン伝承の「ボート」
この作品、完全に(技術革新)
が成されていますね!    
ねっ、こんな感じの「帽子」です!

「ふね」に(ざぶとん折り)をプラス
 して作る「モーターボート」もあるね。

古書「紙の世界」では、左のもの
のように、(長方形用紙)から折る
ようになっていましたが、右のよう
に(正方形用紙)でも折れますね。

2019/04/16

(かやら草)の「ふぐ」

二人の先輩が発掘してくださいました。

 さて、次に(かやら草)の「ふぐ」について考えてみましょう。しかし、これは既に解決済みのようです。
 おりがみの歴史研究の第一人者であられる、岡村昌夫(おかむら まさお)先生と高木智(たかぎ さとし)氏との探索にて、この作例については、実際に折られたものの伝承が在ることも判り、まあ『ほぼ間違いなくこれだろう!』と思いました。(高木智氏のコレクション「森脇家旧蔵のおりがみ」の中に、この「ふぐ」を折ったものがあったと!)

 それから付け加えて言いますなら、この「ふぐ」とほとんど同じ造形のものを「なまず」とした例が、つじむら・ますろう著・絵「伝承おりがみⅢ 1984年 福音館書店」に、古書を出典として紹介されています。つまり、折り方までしっかり伝承されていたのでした。

 なお、「ふぐ」と「なまず」。岡村先生はこのほぼ同形の二者のことを解説しておられます。ともあれ、そんなこんなで、この作例についてのなぞは、解決されたと、私はそう思っています。

つじむら・ますろう氏の本の図解に従って
和紙で折ったもの。左が「なまず」で、右が
「ふぐ」です。和紙だと(しわ)が目立ちませ
んが、洋紙だと目立ってしまいます。   
そこで折り方を少しくふうして、しわがつき
難くくしたのが、下の写真のものです。  

「ふぐ」

「なまず」
ふぐでの(ひれ)を、(ひげ)にして
の見立て変えですね。        

2019/04/13

(かやら草)の「ふくらすずめ」

「ふくらすずめ」、しっかり伝承されていますが…?

 きっと皆さん、この名の伝承作品よくご存知でしょう。(下の写真参照) でも私、この造形にどうしても(すずめの姿)が感じられませんでした。 それから(ふくら)という言葉には(福良)の当て字を与えている資料もありますね。

 ところで、(ふくらすずめ)という名を昔、母や姉たちの会話の中に聞いた覚えがありました。
 すなわち(帯の結び方)あるいは(髪の結い方)の言葉だったように覚えていました。で今回、改めて広辞苑を引いて見ました。すると、まず『肥えふくれた雀の子、また、寒気のため全身の羽毛をふくらませた雀。』との説明の後に、『女の髪の結い方の一』と『帯の結び方の一』ともあって、私の記憶が正しかったことが分かって嬉しかったです。

 さてここでは、そんな自慢が目的ではなく、この伝承の造形が、(冬のふとったすずめの子)とは見えず、(髪型)や(帯の結び方)の方が似合うように感じていたのです。

 ところでもう一つの疑問は、この「ふくらすずめ」は、実に易しい折り方のものなのに、「かやら草」の記録者、足立一之さんは、なぜ『その折り方がよく分からないので、紹介出来ない。』なんて記したのでしょう? 多分、全然違う造形だったのでは?

「ふくらすずめ」として伝承されて
いるものは、この形ですね。でもこ
の形にはスズメの姿は見い出せない
でしょう。なお、「ふくらすずめ」
の名で紹介されている形にやっこさ
んの形をスズメに見立てた2種があ
ります。ところがつい先年、岡村昌
夫先生がやっこさんの形を「すずめ
踊り」と題した資料のあることを、
明らかにしてくださいました。  
「ふくらすずめ」の名で、こんな
造形も伝承されています。なお、
やっこさんそのものを「すずめ踊
り」との見立てのあることは上記
の通りです。         
どうしてもスズメに見えなかった「ふくら
すずめ」を、少しでもスズメらしくしてみよう
の折り変えです。「ふくらすずめ」の原型を少
し折り変えるだけですから、折ってみて。  

左の原型を右のようにしてください。

 さて、上のような折り変えから、少なくとも雀らしい造形にしてみましたが、でも満足できませんでしたので、さらにくふうを進めて、別伝承の「ふくらすずめ」2形が「やっこさん」からの見立てであったことから、私は今度はやっこさんからの「すずめ」を試みてみました。 その結果が下の写真のもの。これには(足)が付いていますよ。

(やっこさん)からの「すずめ

「やっこさん」の半分を反転させ、
そこから三角のかどをつまんで折り
それを(足)にして、「すずめ」と
してみました。なお奴よりさらに1
回(ざぶとん折り)を増やして折る
と、嘴が二つになったり、目の表現
が出来たりしますよ。      
上記説明のもの。
「ふくらすずめ」についての探索は、私の中では以上で終了しました。でも(福良)を付けない「雀」は、大好きな鳥ですし、くふうが楽しいので、すでに10種以上くふうしていますが、これからも楽しむことでしょう。





2019/04/10

イメージ・ゲーム その4

イメージ・ゲームでの喜びの成果

 前項の(その3)で、この(くふうゲーム)のこと、よくご理解いただけたことと思います。 そこで前項からの引き続きで、大いなる喜びを伴って得た造形たちをご紹介します。
 あまりにもシンプルな形に、あるいは拍子抜けするかも知れません。事実、昔仲間の一人に下の造形の一つを見せたら、『なんですか?それ。』と言われたものです。

 でも敬愛していたデンマークのトキ・イェン(Tohki Yenn)さんは、とても高い評価を与えてくれましたよ。

 いえいえ、なにもそんな押し付け言葉で、あなたも感激してくれなどとは言いませんので、どうぞ自然な眼差しにて見つめてみてください。そしてあなたも(新しいイメージ)を得て、作品のくふうを楽しんでください。

奥の(4回折り)に、
手前のようなもう1折りを加えて?

まずは、餌をねだる「ひなどり」の姿が。
そして、皆さんにはこれ何に見えますか?

私はこれに「やまあらし」を見たので
した。そして昔から憧れていた会社、
美術出版社から依頼がきたときに、喜
び勇んで、これや前にご紹介した「タ
コ型宇宙人」など紹介したんですよ!
1994年刊「母と子のおりがみ新世
界」がそれで、(イメージ・ゲーム)
の収穫物を中心に据えてみたんです。

今度はこんな(4回折り)からは?
はい、「くま」です!
今度は1回増えての(5回折り)から?
「たぬき」です。


これは(6回折り)での「ことりの基本形」
ここではそれを(半開状態)に広げてイメージ。

「ペンギン」はふつうのおりがみで、「あざらし」
が(半開折り)からのイメージです。


「かに」

 さて、既にご覧いただいた「かに」のイメージが、私にはとにかく実に魅力的で感激させられたものですから、この感情をさらに煽り立てて、次のような不思議な感覚の造形の「かに」を手に入れました! こんなのきっと、賛否両論出るでしょうがね。


異世界?の「かに」

こんなのは、ふつうの論理的、
写生的、などの常識的な観点か
らはイメージ出来ない造形です
ね! 無作為造形から新鮮な喜
びの作品が得られるんです! 
イメージ定着法の終点かもね!

2019/04/07

イメージ・ゲーム その3

1枚の紙は、指で折られて(受精卵!?)となる。

 変な見出しの文言ですが、手に取られた1枚の紙は、指によって1折りされ、2折りされ、…と様々に分割されて、…やがて豊かな表情を持った「作品」となるわけで、そんなおりがみ行為の進行の様子を見れば、折られる前の紙は、まるで無垢の(卵細胞)? あるいは、山中伸弥(やまなか しんや)博士が発見した、万能の(iPS細胞)みたいに思えたのです!
 そしてその最初の紙の形は、別に(正方形)と限定する必要はなく、長方形でも、三角形でも、ひし形でも、円形だってかまわないでしょうが、まあいちばん分かりやすく作り易い形として(正方形)が中心とされて来ましたので、ここでもその形にしただけです。
 加えて三角形とかひし形、そして円形などは、既にそこに(作意)が在る形と思われる場合もありますよね。で、正方形を基本としてみたわけです。

 さて、(その1)(その2)と進んできた(イメージ・ゲーム)で、くふうの楽しみ方がご理解いただけたことでしょう。すなわち、1枚の紙は、そこに無限の可能性を秘めた(おりがみ卵細胞)だと思うことで、それに1折り、2折りと加えて行くことで、それを(受精卵)とする!…そんな生命誕生の行為と思えば、いつも壮大な気分になれる遊びなんですね。
 我が師、内山興正先生の言葉、『おりがみとは、オレカミ、俺神! そう自分が造物主になったように感じられる、気宇壮大な遊びですよ。』 

 今(イメージ・ゲームその3)では、(無作為のきっちり折り)→(半開状態にする)→(そこに何かをイメージする)→(イメージの定着)→(作品)。
 とそんな経緯で(くふう)をゲーム感覚で楽しむわけですが、ここではまとめとして、私がこれまでに見付けた作品のあれこれを、2回にわたって紹介します。
 それら個々の折り方など示さずとも、写真を見ていただければ復元していただける、極めて少数の折りで出来ているものたちです。

こんな(3回折り)は?

おりがみのテーマは、抒情性だけではなく、
幾何的図形なども在ることを、これまで繰り返し
てお伝えしてきましたね。          
さてここでは1回少ない(3回折り)で出来た
形にイメージを振り向けたら、ああ、私のライフ
ワークのテーマ、キューブのイメージが得られた
のです!でもここには(正方形面)は二つ半しか
ありませんね。でも一旦得られたイメージは大切
にして、これに「キューブの断層」と名付けての
作品です。そしてこれを二つ作り、ひっくり返し
て合わせてみると、…            




ほら!「キューブ」でしょう!

 さてここで、さらにイメージの翼を羽ばたかせて、次のような(ただ1折り)の形にイメージを凝らせたとすると?

たった1折りしただけの形ですが?

1折りの形を倒してみる。


 ここには私などの出る幕はなく、こどもたちはすぐに言うでしょう。「どこでもドア」「冷蔵庫」そして横に倒して「テント」…などなど。こどもって、前から知っているんですよ、おりがみって「イメージ・ゲーム」なんだと。
 さてこれで終わっちゃ、私は不要? で、私ならではのイメージを次に。

これは(きっちり3回折り)


そして、それは「はとの飛び姿」に!

 さあ、次は私の自慢のイメージ。「スワンのおやこ」に、…

これが元となる(きっちり4回折り)の形


「スワンのおやこ」

「羽繕いする鶴」
これぞ会心の発案!




  

2019/04/04

イメージ・ゲームその2

予期しない造形の魅力!

 その1で見ていただいた(6つ)の形について、私の脳内イメージ・バンクからの照合にて得たイメージをご紹介してみましょう。
 あるいは皆さんの中で、私と同じイメージを抱かれた方も居られることでしょう。そのような方は、そう!(同志)ですよ!

    前項での(その6)の形には
即座に「ねこ」の姿をイメージ
したと言いましたね。でもきっ
とピンとこない方もおられるで
しょう。そんなことを考えたと
き、そのイメージをよりはっき
りとさせる思案が必要ですね。


イメージの定着)ということ

 その方法を、私は(イメージの定着)と命名しました。つまり、得られたイメージをよりはっきりとアピールするために、今度は(意図して)折りを進めて行くことです。でも上の(その6)の造形は、もうこのままで(イメージの定着)の必要もないように思いますが、わずか手を加えてみたものを下に示します。
 なお、前項とは順番を逆にして、6→5→4→ …と見て行きましょう。

まずは「親子猫」

次は別の4回折りの「おともだち」とで「語らい」

 さて次の(その5)ですが、これこそ私の心を捉えた形で、既に記した通りまずは「かに」の姿が見えましたが、その「かに」のイメージは(表裏)でもそう見えました。…が、イメージを引き出している最中、これが私の手からぽとりと落ちたものはなんと!私をじっと見つめているように思えたのです!

前から見ても、後ろから見ても「かに」
「かにのオブジェ」なんて呼びたい!
いや、それとも「やぎの顔」か?  

がこのアングルになったとき、
それはなにか宇宙からの来訪者で、
私の方をじっと見つめているように
思えた!かくて「何かが見ている」
との作品名にしました。とにかく実
に驚きの造形です。少なくとも私に
は!              

 なお、この(その5)では、(イメージの定着)は何もしていません。つまりそんなことをしなくても、この造形は私の目に強いアピールを与えていたんです!

 さて(その4)には二つの表情を覚えたのですが、一番目は単純なイメージ。つまり、「岩の形」です。しかしただ岩では面白くないので、そこに「かに」を配して、「かにの家」としてみました。…が、この形を(立てた形)としてみたときの二番目のイメージこそ楽しい! はてそれは?

(その4)の表の姿
これはイメージがちょっと難しかった
と言った形ですが、下の3番目の楽しい
 イメージが得られました。さああなたは?

まずは一つで、「岩」

二つ合わせると、より情景が豊かに!

こよりの(ばち)を持たせて、
「大太鼓を打つ人の姿」のイメージ
が、私には感じられましたよ! 

 次の(その3)から(その1)までは、もう説明なしでご紹介しましょう。なぜならそれらはもうきわめて一般的なイメージでもあるからです。

その3

(その3)、それは「にわとり」の姿。


その2

(その2)は、既にご覧いただいている
「銀河10人衆」の一人、「タコ型宇宙賢人」
です。                

 さて、順番が戻って最初の(その1)は、私にはまずは(羽を広げたくじゃく)と見えました。が、さらにイメージを掻き立ててみましたら、「洞窟にて冥想する観音様」が見えたのです!

その1
まずはもう少し手を加えて、この造形にイメージ。
すると、「羽を広げたくじゃく」が。

 しかしさらにイメージを凝らして、

「くじゃく観音坐像」!?