2020/04/10

とうとう200項目!

予定の倍!

 こんなブログを開くにあたって、せめて(100回)くらいはやろう!と思いました。それがその倍の(200回)になりました。ああ、もう十分ですよね!

 おっとそうです。…(ファンタジー)のことは、…いつも頭がカオス状態の者の妄想でしたね。

 かくてこれだけは中途半端なままで、いささかの後悔の思いになりますが、…まあまたいつか、恥ずかしさなど何するものぞ!の、新たなる蛮勇がもしも出て来たとしたら、ブログの再開にても考えるかも知れませんが、ともかく疲れを覚える今の時点では、休止としましょう。ここまで見てくれた方々に感謝します。

 ともあれ、よくここまで続いたな!が実感です。

ずっと前の「回転折り」と名付けた
技法の、基本のものの姿を(半開状態)
にしたものは、ただ眺めているだけで、
何やら知らず楽しくなる!「空想の国へ     
の階段」なんて呼びたくなる。    

(追記):本年3月1日のNHK教育テレビの「サイエンスゼロ」で、「DNAオリガミ」という番組があったので、しっかり見ました。とても興味深い内容でしたが、(オリガミ)はネーミングミスだろうとの批判もあると、番組中にコメントがありました。

 でもすごく嬉しく楽しい話で、オリガミを「織り紙(Ori→weave)」とすると、決してミスではない、なんて手前勝手に思いましたけれどね。

 それにしても、科学は一体どこまで発展するのでしょうね! 楽しいような恐ろしいような、複雑な思いです。


(追記2):新型コロナウイルスのパンデミック! ああなんていう事態でしょう!
 昨年は風水害に苦しめられ、だからもう地球温暖化よ鎮まってくれ! そんな願いが、こんな形で現れたのでしょうか? それとも、あまりにも増えた人間に対しての、ガイア(Gaia)の抗体反応?!?!

 しょうがない、家に篭って妄想ファンタジーを考えることにしましょう。 でもこの事態、一体どうなって行くんでしょう!?!?

2020/04/06

幾何図形の楽しさ

気付かされた「美の世界」!

 (丸=circle)や(三角=triangle)や(四角=square, rectangle,quadrangle)なんていう、まるで味気ない造形のどこが面白いのか? かつてそんなふうに思っていた私の蒙を啓いてくださったのが、阿部 恒(Abe Hisashi)さんでした。
 かくしてその後私は、大いに楽しく勉強したんですよ。そしてその結果は…。

(丸)は、立体化して考えれば、最高の造形(球=ball,globe,sphere)の探求へとくふうを楽しませてくれる。
 そもそも(丸)は(円=ring)で、数字の(ゼロ=zero)だ。ゼロは無だが、整数に付けて置かれた場所で大事な意味を有する。
 円も空っぽで何も無いが、内と外を分ける。そして(円)には、起点も終点も無い。融通無碍(ゆうずうむげ)だ。

(三角)は、純粋な幾何学の基本に繋がり、やがてそこから(多面体=polyhedron)なんていう、興味深い造形世界へも導いてくれる。

(四角)は、私の心を鷲掴みにした(キューブ=cube)へと誘なってくれる。

「幾何図形は、よく見れば実に美しくそして楽しい。」ーそして私がとくに魅了され、ライフワークとも思い定めた図形こそ、「立方体(=cube)」でした。
 立方体=キューブは、私に2次元〜4次元までくふうの夢を叶えてくれた!

 さて前項では、(6本のテープ編み)での「サッカーボール」を楽しみました。そこでこの(6)の半数の(3本のテープ)で、ゆったりと編んでみますと、それは「球=ボール」になりましたね。(4本編み)もまたしかり。

 で次に、それらに折り目を付けてみましたところ、(3本編み)は「斜立方8面体=rhombicuboctahedron」と言う、何とも奇妙な名前の幾何図形となりました。(正多面体)の一つです。
 そして(4本編み)は「角切り8面体(=truncated octahedron)」という名の、やはり(正多面体)となりました。(写真)
 前項の場合同様、穴は塞がっていると考えて。

 3本編み球は「斜立方8面体」に。4本編み球は
「角切り8面体」という名の、どちらも(準正多面体)
の仲間となっています。            

 5種しか無い(正多面体)のことは、もう既に詳しく解説済みですね。で、この(5種の幾何図形)に、ある種の規則的な操作を加えて得られた(13種の図形)が考えられていますが、それを(正多面体)と言います。 興味のある人は図形の解説書を見てね。

 さて、6本編み、3本編み、4本編みと見たところで、次は(5本編み)ですね。それは次の写真です。
5本編み球もきれいな姿で、私は
好きですが、これは幾何図形の仲間 
にはなりません。でもそんなことど 
うでもいいですね。        
  写真には見えてはいませんが(5角 
    形の穴)が二つあります。         


2020/04/02

サッカーボール つづき

これは(幾何図形)ですよ!

 前項で、「サッカーボール」が出て来ましたが、折り目を付けた方の造形を幾何図形としての名前にて言うならば、「角切り二十面体=Truncated icosahedron」です。(正5角形の穴は、それが塞がっているものと考えて。)

 さてところで、このような(テープ編み)の造形が面白くて、このサッカーボールをもう少し探求してみました。

 すなわち、6本のテープ編みを、3本でやったらどうなる? 4本では? 5本では?とまあ、そんな考えです。するとそれは思った以上に楽しい結果を見せてくれました。
 2回にわたって、それらを紹介してみましょう。

左が「3本編みボール」右が「4本編みボール」


2020/03/29

サッカーボール

かこ さとし(Kako Satoshi)氏の本から

 加古里子(かこ さとし)という絵本作家は、児童のために魅力的著作を膨大に成された人だ。 ご著書から知った事実だが、なんと!東大の工学部のご出身とか!

 わが娘が小さいときに、娘自身の求めで買ったものや、おりがみが出ているので自分で買ったものなど、10冊ほどが我が家に有る。
 その中の一書に「かこさとし あそびの本 しらないふしぎなあそび 童心社 昭和46年(1971)刊」が在り、その中に「ギリシャのドウデッカ・ボール」という、6本の厚紙テープで作る球体の紹介がある。(写真)

ギリシャの「ドウデッカボール」とは?

 作り方を分かり易くして、いくつも作ってみた。しかし、そこでふと疑問が起こった。上の写真の通り、確かにこの球体には12の(正5角形)の穴があるので、かこ氏は「ドウデッカ=12の意で、つまりは(正12面体=ドウデッカヘドロン=dodecahedron)のボール」とされたのだろうと思う。(ギリシャとされたのは、ユークリッドからか?)

 しかし私は、これは「正12面体」とは違うのでは?と思った。そこで次の写真のように、これに折りを加えてみた。するとそこには、20個の(正6角形)が現れ、12個の(正5角形の穴)とで、これはそう!「サッカーボール(soccer-ball)」に他ならない。とそう思った。

正5角形✖️12 ➕
正6角形✖️20=「サッカーボール

 で私は、自身の代表著書と思う「紙とおり紙ー小学館発行の図鑑(既述)」にて、サッカーボールとして紹介した。

 なお後日、この(テープ編み)造形は、東南アジアで盛んなスポーツ「セパタクロウ」というので用いられる(藤編み)のボールが、これと同じものだと知った。(もち折り目を付けない方ね。)

 ところでこれをインターネットで検索してみると、このスポーツは9世紀に考えられたかなり激しいスポーツで、マレー語で(蹴る)の意の「sepak」と、タイ語の(籐製のボール)の意の「takraw」を繋げた言葉だと解説されていた。

2020/03/25

おりがみ造形とリアル。

写真の発明

 目に見える万物を紙の上に忠実に写し留める。そんな願望から発明された写真の技術。凄い発明ですね! 具体的には(レンズカメラ)と(フィルム)それから(照明法)等。
 そのような諸々の発明が、(天才)と呼ぶべき人たちによって成され、私たちへの大きな恩恵に成っている。

 そして今はこれがさらに進化した(デジタルカメラ)になって、フィルムや現像、焼き付けなどの面倒を追いやった! そんな驚異を生み出す天才たちが、まあ泉のように湧き出している現代! こんな時代を経験出来るなど、青年期には夢にも思わなかった。

 話はぽんっと飛びますが、「ミラノの聖骸布(せいがいふ)」というものが有るそうです。キリストの遺骸を包んでいた布に、キリストの顔が写し出されていた!ーその発見当初は、そんな衝撃的な話だったようです。

 でもそれは、実はレオナルド・ダ・ヴィンチの作品(!)で、そのキリストの顔と言われていたものは、彼自身の顔を、最初期の画家用のカメラ(カメラ・オブスクラ)にて写し取ったものらしいそうだ!
 レオナルド研究者が調べて判明した事実なのだとか。…いやっー!楽しい話ですね。

 レオナルドという天才は、ユーモアのセンスもあったと思うと、嬉しくなりませんか?

 さて、レオナルド・ダ・ヴィンチのいたずら心(?)の根底には、「リアル(real)ってなんだ?」の問い掛けがあるみたいに思います。『イエス・キリストって、本当はどんな存在だったのだろう?』ーそんな歴史のリアルへの問い掛けか?

 人体の骨格や臓器は勿論、筋肉や血管の様子まで、完璧にリアルにスケッチしている。
それは、現代の外科医の目から見ても、正にリアルそのものだそうだ。加えて(水の流れる様子の観察)からの推理か、絶対に見られた筈の無い(心臓部の血液の流れる姿)までリアルにスケッチしていて、心臓外科の権威をびっくりさせた!

 何故そこまで肉体の仕組み解明に、猛烈な探求を成したのだろう? そこにはまたやはりキリストの姿が浮かんで来るように思えてしまう。つまり(神の子)とされるキリストは、ふつうの人間と肉体的にどこか違っていたのだろうか?ーレオナルド・ダ・ヴィンチはそんなことを問い掛けているように思われてならない。

 するとそれは、いたずらなんかではなく、きわめて真剣な問い掛けだ!

 作家ダン・ブラウン(Dan Brown)の世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード(The Da Vinci Code)」では、聖杯(= Sangreal)伝説からキリストのリアルな実像を見事に解き明かしている。お読みになると、きっと深く頷かれることだろう。

 ところで、「写真=photograph」という完璧な写実技術の発見に対して、その後において、絵画表現を成す芸術家たちは、いろいろな手法で対処しようとして来たようだ。


 いやはや大層な話から始まって、それを(おりがみの世界)に当て嵌めるのは、いささか無謀かも知れないが、でもリアリズム(=realism)の考えは、当然おりがみの世界でも論考されたのではないだろうか?
 だって冒頭にて言った「目に見える万物を紙の上に忠実に写し留める。」は、おりがみの願望でもあるからだ。

 ところがおりがみ世界では、このリアルを、ちょっと異なるスタイルで考えたように思える。それはー?

 先達(せんだつ=pioneer)の方々が主張された(不切正方形1枚折り)の理想が、私にはその一つだと思えてならない。あるいはそれが、どこかで写真への対抗意識だったようにも思われる。

『一枚の紙からただ折るだけで、何から何まで対象物そっくりに表現してみせる!』との意志だが、…でもおりがみの造形は、どんなに精密に折ろうと、忠実なリアルではなく、常にディフォルメ(変形=deform)を伴っている。

 つまり今の私は、そこに示された造形は、写真との対比でのリアルと考えたらそれは違うと思っている。それはむしろ折りの可能性を楽しむ、一つの遊びだと言ったらいいのではなかろうか。
 なおここでは、生物の姿を主体としての考えを述べる。すなわち「模様折り」や「ユニット」などは、ここでの考えには無いことはお断りしておく。

 言い方を変えてみよう。 おりがみのリアルとは、対象物の姿を形全体の比率や細部での“とがり部”の形状などにおいて、精密に折り描くことを目的としていて、しかもそれを(不切正方形1枚折り)で実現しようと考えるのだから、それは、そう!(パズル遊びの感覚)と言っても間違いではなかろう。

 いずれにせよ、その考えの実践には、きわめて高級な頭脳で、パソコンを自由に駆使する技術が必要だろうから、私はてんから諦めている。そこで私は私なりの(別のリアル)を考えてみた。

 そして得た答えの一つが、前に紹介した「イメージ・ゲーム」で、(無作為に折ったものを“半開き状態”にしてみて、その造形がアピールするものと、脳内に蓄積している諸々のイメージとの照合で、そこにイメージの一致ということでのリアルさを求める)というくふう法だ。

 どのみちディフォルメが避けられないなら、それを極端なまで強調することで「紙から自然に引き出された表情(=expression)のリアリティー(=reality)を素直に示す」と、そう言うことだ。

 ジョン・レノン(John Lennon)は歌っていますよね。Love is real.  Real is love.…と。包み隠さないリアル(reality=真実=truth)とは、ああ、愛だったんですね!

 この(紙の表情)に、「猫」以外のイメージは
少なくとも私には考えられない。つまりはこれは
紙自体がアピールする(リアリティー)に他なら
ないと思っている。             

 表面的な造形にリアルを求めるのも一法だろうが、無作為の折りから生まれた造形にも巧まざる(表情のリアル)が有るのではなかろうか、とそんなふうに思っているのだ。

 いや、今回、まったく私に似合わぬ、ムズい話になってしまった。これは明らかに話題に窮した証しだ。

2020/03/21

ケーナとコンドル

フォルクローレの魅力

 中南米の民族音楽(フォルクローレ)に、いよいよ強く魅了されるようになったきっかけは、横浜の楽器屋で、飴色の光沢を見せる葦から作られた「ケーナ」という楽器を入手してからだ。

 確かにそれは葦なんだろうが、見た目にはほとんど竹だ。(余談だが、尺八を趣味としていた父の遺品として、それをもらった。兄姉は、それにまったく興味を示さなかったからだ。…でも私には尺八はちっと難しく、より吹きやすいケーナがむいていたようだ。)
 葦にしろ竹にしろ、人間の息と植物繊維との調和により、なんとも美しい音が出る。もちろんうまくなればだが。

 さて、何台ものウォークマンが壊れて聴けなくなって、今山ほどのフォルクローレのテープが、寂しくストックされているが、いずれ折を見てなんとかCDに移して、改めて胸を熱くしてみたいものだ。
 名曲「コンドルは飛んで行く」だけでも、演奏者や歌い手が違うもので、20種を超えるものがあって、そのどれもがたまらなく好きだ。

 そんな自慢話と共に、おりがみの「コンドル」、ご披露しよう。

 インディオの人たちは、この鳥を(神の鳥)として崇拝しているそうだ。アンデス高地の上昇気流に乗って、ほとんど羽ばたかずに飛翔する、翼長3メートルもある最大の鳥。
 性質はおだやかで、悠然と高みを滑空する優美な姿は、正に神の鳥と呼ばれるにふさわしいようだ。

コンドルの翼の先の形状は、今の
航空機に応用されているそうですね。
 何ですか、省エネ効果があるとか!